新潟市西区 根津歯科医院 歯周病専門医とスタッフが歯周病予防

小児歯科

にゅう坊

小児歯科の役割  

  • お母さんのおなかの中にいる時から
  • 永久歯が出そろい、かみ合わせが安定する中学生から高校生ぐらいまでが小児歯科の範囲です。

咬合育成 のためには  

当たり前のようなことですが、家族全体の生活習慣が影響します。

  • ゆっくりよく噛んで食事をする習慣を
  • 唇を閉じられること
    (口呼吸の癖や鼻づまりは前歯の歯並びに影響します)
  • 乳歯のムシ歯予防
    (永久歯への正常なはえかわりは健康な乳歯があってこそ)
  • 口唇と舌の健全な発達が安定したかみ合わせを誘導します
  • 乳歯のはえ変わりのチェック、ムシ歯、歯肉炎の予防のため、
    6ヶ月ごとの定期検診をお進めします

矯正歯科  

  • 乳歯の頃から各発育段階に応じて異常があれば早めに対応します。
  • 上下のかみ合わせというだけでなく、顔立ち、健康的な笑顔はこれからの社会生活に益々重要な意味を持ってきます。
  • 矯正専門医とのタイアップで管理させていただきます。

正しいセルフケア習慣の育成  

  • 正しいブラッシング方法リズムのある生活習慣を身につけ、将来の歯周病を予防します

歯の外傷  

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional